第15回自閉症児者のためのトレーニングセミナーinいしかわ
スケジュールはこちらから
8/22(金)〜8/24(日)の3日間、石川県金沢市にある「アリス国際学園」を会場としてお借りして
第15回自閉症児者のためのトレーニングセミナー(以下、トレセミ)を開催しました。

オリエンテーション
今回のトレセミのコーディネーターを担っていただきました諏訪先生から、受講生である20名のトレーニーは、毎朝オリエンテーションを受けました。(写真右上)
(左写真:アリス国際学園正面入り口)
講 義
トレセミでは、講義と実習が組み合わされています。写真は、新澤先生の「コミュニケーション」の講義です。(写真 右下)
スナックタイムの準備
事前に把握した協力児・者の好きなおやつ・飲み物、嫌いなおやつ・飲み物を準備しています。これから、協力児・者のコミュニケーションの状況を把握しました。(写真右)
スナックタイムの準備
全体ミーティング・発表
グループミーティングの様子
グループ発表
グループ発表
新澤先生・緒方先生からのコメント
新澤先生からのコメント
緒方先生からのコメント

◆全体ミーティング
毎回実習の後にグループミーティングをし、その後トレーニーが全員集まって、実習での試行錯誤や学んだことを報告しあい、その後に各トレーナーからコメントをいただき、さらに理解を深めました。


クラスルームツアー

3日間をとおして、トレーニーは同一の協力児・者で実習をしたので、それ以外の3人の協力児・者のクラスルームを見学し、各トレーナーから構造化やスケジュール、ワークシステム等について説明を受けました。(写真左)

クラスルームツアー

ペアレンツトーク
修了証授与
◆ペアレンツトーク◆ 
協力児の2人の保護者の方から、これまでの経過、親の思いを語っていただき、最後にトレーニーへの激励のことばをいただきました。

◆閉講式@◆
TEACCHプログラム研究会石川支部の横井会長から、3日間受講したトレーニーに修了証を授与しています。本当に朝から晩までハードなスケジュールを皆さん乗り切りました。
◆閉講式A◆
トレーナーの野畑先生(写真左上)、緒方先生(右上)、新澤先生(左下)、諏訪先生(右下)からとても熱いコメントをいただきまして、これから現場に戻って、学んだことを活かしていこうと意気込んでいる思いを新たにしたと思います。
閉校式・各トレーナーからのコメント
◆スタッフより◆
写真左、小坂実行委員長からの挨拶です。多くのスタッフと作り上げてきたこのトレセミへの熱い熱い思い、スタッフとしてトレセミに関わることによる実りも多かったこと、トレーナーの方はもちろんですが、一番のトレーナーは、協力児・者さんであったという感激の挨拶でした。(写真右、スタッフ一同)
スケジュールはこちらから
ライン

写真等の無断転写は堅くお断りします
TEACCHプログラム研究会

inserted by FC2 system